エッセイ『そうだ京都へ行こう』(2008年2月) | IMCニュース

エッセイ『そうだ京都へ行こう』(2008年2月)

 JR東海のCMのキャッチコピーにあるこの言葉を聴くたびに思うのですが、35年以上前鎌倉市内の今は無くなってしまった 『ボントロ』と言う喫茶店に友人と屯しているとき、『何か面白くねーな』『そうだ 京都に行こう』と言って夜7時頃から3、4人で車に乗って京都に行ったのを思い出します。東名、名神と乗り継いで京都へ約5,6時間のドライブ。八坂神社の駐車場(無料)へ車を止め、四条河原町の『ビックボーイ』と言うジャズ喫茶(今もあります)で1、2時間コーヒーを飲み、モダンジャズに浸り、そして車に帰り雑魚寝。朝起きると京都の坊さん大学に行っているお友達に電話、それから京都のお寺周り。大覚寺の大沢の池、テレビの時代劇でよくロケに使われている。大徳寺の退蔵院、箱庭のような小さな庭がいけている。詩仙堂、いつ来ても落ち着くところ。などなど。鎌倉生まれなのに京都のお寺のほうが好きだった。
ところでJR東海のキャッチコピーは俺達の会話を『ボントロ』で聞いた誰かが盗んだと今も信じています。

アクセス


【住所】
〒248-0012 鎌倉市御成町6-9

【交 通】
■JR横須賀線、江ノ電鎌倉駅西口より徒歩約5分
■京急バス、江ノ電バス六地蔵バス停より徒歩約2分

【駐車場】
クルマでお越しの場合、駐車場が近くにありますので受付にお問い合わせください。

【診療時間・休診】
月・火・水・金/9:00~12:00 15:00~19:00
土/9:00~13:00 14:00~17:00
木曜午後・日・祝は休診
(当分の間木曜日の診療は休ませて頂きます。)

お問い合わせ 詳しくはこちら