BLOG

2018年6月16日 土曜日

平成30年度の市民検診が始まりました。

本年も6月6日より開始します。
市から案内が参りましたらご相談下さい。
詳細は当HPに記載してあります。ご一読下さい。
年一回の健診は健康管理・がんの早期発見に有効です。
是非お受け下さい。

投稿者 井口内科医院 | 記事URL

2017年7月 3日 月曜日

ハワイ雑感

 初めてハワイへ行ったのは1975年でした。大学生のときで今でもある4週間英語研修のプログラムで、バンクーバー一週間、サンフランシスコ、バークレー3週間の予定で同級生3人と申し込みました。そのうち最初の一週間は東医体と重なりカナダは諦めバークレーから参加しました。初めての海外旅行でした。一人で飛行機に乗り、それもホノルル経由、ハワイで入国手続きしホノルル空港を一部体験、サンフランシスコへ。サンフランシスコの空港に以前日本にいた親戚の日系人の青年(知ってた頃は小学生)、UCバークレーの学生、が迎えに来てくれました。空港であいつかな?と感じたらそうでした。その後彼のおじの家により夕食、研修予定のUCバークレーに送ってもらい先発の連中と合流しました。3週間カルフォニアを満喫し帰りはまたホノルル経由でした。一泊2日ですがワイキキの浜で泳ぎました。これがハワイ初体験です。二度目のハワイは1980年自衛隊の仕事でテキサスのエルパソ出張の帰りでまた一泊2日のハワイでした。その際は旅行会社のサービスでリムジン観光付きでした。パンチボール他ホノルル観光できました。3度目は2003年で娘がハワイ遊学中に家内と友達親子と5泊7日の定番のハワイ旅行でした。ただ私は定番の島内観光希望ですが、娘、家内、友達親子はそれを望まず、ゴルフとショッピングでした。やはり一泊二日と違いノースショアーまで足を延ばせ、ある意味ハワイを体験できました。4回目のハワイは2010年です。もう7年前です。この時は下の娘の二番目の男の子が12月4日に生まれ、前回も一緒に行った友達親子の次男坊が12月28日にハワイで結婚式を挙げるとの事、5月の連休に飛行機を予約、年末年始の休み中の在宅患者さんの代診を手配してどうにか休みを取り孫に会いに行きました。前回2003年のハワイ訪問から数年後に下の娘はアメリカ人のホテルマンと結婚してハワイに住んでいました。その間に長女を授かり今回長男が誕生しました。このようなタイミングはそうありませんので行く決意をしました。ハワイに行くのに決意が必要とは大げさだなと思うかもしれませんが、一人で在宅患者さんを抱えていると中々いけるものではありません。今回は実にハワイを満喫できました。たかがハワイされどハワイです。孫に会いに、小さいころから娘たちと同じように育った友達の次男坊の結婚式に出席する、すべてが叶えられた旅でした。ホテルは娘の亭主が破格の値段で用意してくれました。34階建ての32階、2ベッドルームのペントハウス、テラスからはワイキキの浜辺が眼下に拡がり、空港に離着陸する飛行機が目の前に見え、ダイアモンドヘッドも見えるオーシャンフロントです。着いた日、娘たちが私の好きなステーキハウスを予約してくれていて家族6人で行きました。ここで問題が、ハワイに着いた日は時差が、(羽田でなく成田発の便だと時差が)ステーキは重過ぎました。半分 も食べられずあーもったいない。翌日は結婚式です。ハワイの教会、海の見える教会、初めての経験です。神父さんが小さい方で何かコケティッシュに感じてしまいました。若い子たちのハワイでの結婚式、それだけのことがあると実感しました。とても素敵な結婚式でした。シチュエーション、教会、小さな牧師さんすべてがらしくそろっていました。無事結婚式は終わりその日の夕食は娘の友人のヤクルトスワローズの某投手の親子も参加してイタリアンのお店に。ローカルなお店でおいしかったです。更に翌日はゴルフです。いつもの如く途中でスコアはつけるのを止めました。ゴルフとっても下手なんです。段々ハワイ旅行は充実し翌日は念願のドールプランテーションに。ここはエルビス・プレスリーの映画『ブルーハワイ』で『ムーンライト・スイム』と言う歌に合わせて観光客をプレスリーが案内するシーンの舞台です。一度は来たかった。ところがあの時代とはまったく違い素朴なパイナップル畑を見れるわけでなく、屋台で食べれるわけでなく、パイナップルのテーマパークでがっかりでした。誰かが『つまらないよ』と言ったのを信じとけば。そして翌日は大晦日です。カウントダウンはホテルの部屋で、花火を見ながら娘家族とヤクルトの某投手家族と過ごしました。これも初めての体験です。初日の出もハワイの海から出る太陽を見ることが出来ました。元旦娘がお雑煮を用意してくれて日本人らしく迎えました。今回のハワイでやっとハワイを堪能できました。長い道のりでした。でもハワイはもっと楽しめる所です。ハワイ島、マウイ島などまだまだあります。どうにかハワイを征服してみたいです。

投稿者 井口内科医院 | 記事URL

2017年6月14日 水曜日

平成29年度鎌倉市市民健診等のお知らせ

平成29年6月5日より29年度の市民検診(がん等)、国保・高齢者検診が始まりました。

投稿者 井口内科医院 | 記事URL

2016年12月 7日 水曜日

大庭先生ご逝去のお知らせ

当院木曜日担当して頂いた大庭健一先生には平成28年11月28日細網肉腫にて享年69歳で神奈川県立ガンセンターにてご逝去されました。
大庭先生とは小生が昭和53年自衛隊に入隊した頃からの付き合いでした。当初は同じ職場で働くことはあまりありませんでしたが消化器のグループの先輩としてお付き合いして頂きました。昭和58年小生の沖縄勤務のあと三宿病院へ配置され本格的に大庭先生とのお付き合いが始まりました。何しろバイタリティにあふれた先生で、仕事も遊びも飲むのもすべてフルスロットルでした。仕事は朝6時には病院へ、夜も患者さんの状態によって遅くまで働いておりました。ただその頃の三宿病院内科は消化器グループも循環器グループも仕事は当然で、遊びはすごいときには週2回テニス、月に多いときは2~3試合野球の試合など今考えるとスゲーハードな時間を共有していたんだと。勿論運動後は食べて、飲んでの時間です。本当に楽しく充実した日々でした。小生の医者としての技術・技量の基礎を学んだ時期でした。そんな時間を大庭先生が引っ張ってくれました。その恩は小生たちのボス元自衛隊中央病院院長白浜龍興先生とともに忘れられるものではありません。自衛隊を退官したあと、小生のほうが早かったですが、逗子にお住まいになられたの契機に平成16年から当院の木曜日午前の担当して頂きました。その頃の先生は漢方を勉強され当院の患者さんにも漢方的アプローチで診療してくださいました。いつも小生の肥満体質を心配してくれて起こられてました。平成27年当院の職員健康診断の一環として胸部レントゲン写真を撮りました所、異常な影を認め県立ガンセンターに紹介しました。結果は細網肉腫という悪性度の高い疾患で、化学療法も数少ない中から担当医の先生が苦慮されながら1年4ヶ月仕事をしながら過ごすことが出来ました。しかしやはり病気は進み、痛みに苛まれるようになり最後は肺に広がった病変による呼吸不全となりお亡くなりになりました。小生にとっては医者としての師匠の一人であり、おこがましいかも知れませんが大事な友人を無くしてしまいました。せめてものの供養に大庭先生の人となり、人生の一部を記することとしました。  合掌。

投稿者 井口内科医院 | 記事URL

2016年6月12日 日曜日

平成28年度鎌倉市市民健診

平成28年度鎌倉市市民健診が6月6日から開始となります。
ご希望の方は受付窓口及び電話にて予約を受け付けしております。

投稿者 井口内科医院 | 記事URL

アクセス


【住所】
〒248-0012 鎌倉市御成町6-9

【交 通】
■JR横須賀線、江ノ電鎌倉駅西口より徒歩約5分
■京急バス、江ノ電バス六地蔵バス停より徒歩約2分

【駐車場】
クルマでお越しの場合、駐車場が近くにありますので受付にお問い合わせください。

【診療時間・休診】
月・火・水・金/9:00~12:00 15:00~19:00
土/9:00~13:00 14:00~17:00
木曜午後・日・祝は休診
(当分の間木曜日の診療は休ませて頂きます。)

詳しくはこちら